不倫掲示板でパートナー募集をしようと考えてる人に勧めたい神サイト

不倫掲示板でパートナー募集をしようと考えてる人に勧めたい神サイト

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫パートナーの存在価値

 

決して実らないことを理解していながらも、自分の意思で制御できない恋が不倫というものでしょう。男と女の恋心を燃え上がらせ、若返ったような気にもなる最高のシチュエーションでもあります。さて、しかしながら不倫という間柄であるということは、男女の片方あるいは両方とも、夫や妻が存在していることを意味します。つまり、裏切りという不貞な行動の上で成り立っている、男女関係と言えます。では何故、人生のパートナーが居ながら、不倫相手としてのパートナーとも関係を続けるのでしょうか。

 

まず、不倫をする理由の一つは自宅に自分の居場所が無いからです。自分の家ですが妙に居心地が悪かったり、自分の存在価値を感じられない環境であるということです。元来、家庭という場所は心地良さや安らぎを感じるべき場所のはずですが、職場と同様に気を張って過ごさなければならない状況が毎日、無限ループのように続きます。そうなると人間、自分の生きている意味や存在意義がわからなくなり、精神的な逃げ場を本能で求め出します。その結果、安らぎを感じ易い他の異性との不倫関係に至ってしまうのです。

 

恋愛感覚の再現

 

実は、自分の家庭において安らぎを得れず、居場所を感じられない状況が続いた結果、逃げ場を求めて不倫という形に至るケースは女性だけとは限りません。よく、男の不倫は性的欲求から、浮気したいという気持ちの延長上が殆どであると言われているようですが、その限りではないのです。精神的に安らげて、それでいて自分は相手を、相手も自分だけに愛情の意識を向けてくれる恋愛関係を強く切望するようになります。恋愛中の熱い感情や、特別感を味わいたくもなり、この気持ちは強くなる一方で制御不能に陥ります。

 

結婚生活というものは、当初どれだけ相手のことが好きでも、工夫や努力をしないと即座に退屈なものへと変換されます。ましてや、子供が誕生すると以前よりも責任や果たすべきことが増え、お互いを尊重し合う時間も余裕も無くなっていきます。その上、家庭内で自分の存在価値がわからなくなるほど、心が疲弊してしまっては病んでしまいます。それが自分自身でも理解できるので、自分の存在価値を確認するためと、生きている実感を取り戻すためもあって、例えリスクがあっても恋愛感覚の再現つまり不倫をするのです。

 

セックスに再燃

 

居心地が良くなくて存在価値すら感じない我が家など、特に男の場合は家庭に何の執着もありません。先述した通り、もし不倫が発覚すれば、今ある全てのものを失うというリスクがあります。ですが、そんなことは本人が一番わかっています。でも、家庭や仕事や立場など現在は失うものがあるとはいえ、無限ループ状態で毎日を死んだように生きているので、最悪は全てを失っても大して変わりないという解釈を既にしている人も多いのです。そして、不倫パートナーと出会った瞬間から、失ったはずの性欲も湧いてきます。

 

まるで理想の相手と心の底から思えるほど、魂も身体も再燃したかのように見事な復活をします。もう、この時点で自分にとって、不倫パートナーの存在価値はかけがえのないものになっています。もちろん不倫パートナーだって人間ですから、欠点はありますが配偶者のように一緒に居て当たり前の存在では無いため、基本的には時々しか会いません。従いまして、お互い良い部分を見せ合いながら交際を続けられます。配偶者とはしたことの無い濃厚でエロいセックスや、アブノーマルなセックスなども遠慮無く行えます。

 

孤独感からの回避

 

配偶者や家族と一緒に暮らしている自宅でも、自分の居場所が無いと思うほど煮詰まっているので、不倫パートナーのほうが配偶者より自分を強く愛してくれていると感じるでしょう。その場所に体はあっても居場所が無いという孤独感から、不倫相手の存在によって一人で何処に居ても寂しくない状態になります。まさに、心の温度は雲泥の差であると言えます。不倫パートナーの存在価値は、揺ぎの無い絶大なものとなります。不倫の最中は、配偶者と不倫相手の立場が逆にならないものかと、真剣に考えるほどハマります。

 

これまで、家に居ても職場に居ても孤独感に苛まれてきたストレスが、不倫パートナーの存在によって一気に開放されていくのを、精神でも肉体でも感じます。生き地獄のような無限ループの毎日が、夢だったのかと思ってしまうほど、気持ちが弾み性欲も湧き一人では無いという心強さも備わっている自分を実感します。まるで別人に生まれ変わったような、あるいは滅びかけていた生命が復活を果たしたかのような、新しい自分に不倫パートナーの存在のお蔭で価値を見出せます。孤独感からの回避が大きく影響しています。

 

精神的に楽な存在

 

これまで記してきました通り、当然セックスの新鮮さや興奮度も不倫パートナーに対して感じますが、やはり精神的に楽な感覚と安らぎを得られるのが何より大きいと言えます。ですので、もう二度と配偶者からは得ることのない、異性としての魅力的な部分や愛おしさを不倫パートナーには強く感じます。ですので、意外と世間で言われているほど、不倫からの始まりで結果的に結ばれた男女は不幸になっていません。これは、精神的な覚悟と決意が二人の間に大きな絆として、繋がれ続けていくことに起因しているのでしょう。

 

それは、まず配偶者が居る側は不倫で離婚することによって、全てを失うリスクを背負ってまで不倫相手と一緒になったという確かな事実と覚悟があります。そして、不倫のもう片方も配偶者が居れば同様ですが、そうで無い場合は本当に全てを捨てて、自分との人生を選んでくれるかどうかの確信などありません。それでも、相手を信じて時を待つと決意した後、ようやく一緒になれたという過程があったとします。そういうプロセスを経て一緒になったという元不倫の二人は、お互い精神的に楽で信頼できる存在となるのです。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫パートナーと出会う場所

 

まず、不倫パートナーと出会う場所については、普通に恋人を探すこととは全く異なります。やはり、少し後ろめたさがあるからか、随分と範囲は絞られます。それでも、先ほどの項目で述べました通り自分の存在価値が感じられず、自宅に居場所が無く居心地が悪いという日々が長らく続いている人は、このままでは自分が潰れてしまうという危機感と、何らかの突破口を見つけなければと真剣に思い詰めています。そして、本能的に同じような思いをしている異性が居ないかどうかを探るべく、出会いの場所を模索し始めます。

 

その思いが不倫パートナーを探して出会いたいという気持ちを強めるのです。この段階では、単に浮気したいという気持ちと変わらない程度で、まだそれほど深くは考えていないと言えます。とにかく、気持ちで押し潰されそうな自分から開放されたい一心なのでしょう。最初は自分と同じ思いをしている異性を、ネット内の不倫サイトや不倫SNSなどで探し始めます。そして、お互い色んな話をしたり相談し合ったりできる、パートナーとの出会いを待ち望んで行動します。それでは、そのパートナーと出会う場所についてご紹介していきます。

 

出会い系サイト

 

今回この記事を執筆するにあたって、筆者の経験も踏まえてのことであることを予め申し上げておきます。その上でハッキリ言えますのは、この方法で不倫パートナーを探して出会う形が、一番お勧めできるということです。その根拠と理由などについては、後ほど具体的にお伝えしていきます。とりあえず、ザックリとだけ申し上げますと、ここでは不倫パートナーを探して見付けて出会うのが目的です。ただ漠然と浮気したいとか、単にセフレが欲しいという訳ではありません。ある程度、望むものと求めるものが定まっています。

 

何故この出会い系サイトという場で、不倫パートナーを探すのが最も良い方法だと思うかについて、簡略的に申しますと、自分の周りの人間などとは全く関わりの無い異性と確実に出会えるからです。もちろん、出会い系サイト以外に不倫系としてでも、不倫掲示板や不倫SNSに不倫サイト等が存在しています。それらの方法でパートナーと出会った方々も居るでしょう。しかし筆者の経験上、安心して利用できて出会う相手も常識のあるマトモな異性で、初期費用も大して掛からない点からしても、出会い系サイトが一番だと存じます。

 

不倫SNS

 

ここ最近、SNSの普及と発展に伴って元カレや元カノとの、思わぬ再会などをキッカケに不倫の関係になるという話などもチラホラ見聞きします。確かに、不倫する相手を探すのであれば簡単にメッセージを送れて、写真も確認できたり、同じ趣味やステータスの相手を見つけ易いという利点はあるでしょう。恐らく、フェイスブックやLINE、ツィッターなどから始めるんでしょうね。ですが、それだけであれば筆者はとっくに利用しています。しかしながら今までと同じく、今後もSNSで異性との出会いを求めることはありえません。

 

その理由は、SNSというのは継続して活用し続けるものであるという認識があります。しかも、プライベートなことを書き込んだり呟いたり定期的に随時、更新しているはずです。ということは、最初どんな人間かも把握していない段階で、これまでの自分の履歴を相手に確認される訳です。ただ浮気したい時や、パートナーを探す目的で不倫SNSとして利用するなら、実際に会って関係が構築されるまでは、匿名性を強くしておかないと危険だと思います。目的を果たせば、不倫SNSとしては一切利用しないぐらいでないと安心できません。

 

同じ職場内

 

このパターンは案外、多いような気がします。ですが、言うまでもありませんけど社内恋愛で寿退社という流れとは無縁の、不貞行為でしかありません。仲の良い職場の人間からしても、祝福しようがないため、どうしても当人同士のみの内密になります。しかも万が一、愛情の縺れなどで大揉めとなった際、不倫相手開き直って職場や相手の配偶者に自分との関係をぶちまけて、波乱を巻き起こす可能性もゼロではありません。そうなってしまえば、本末転倒どころか仕事も家庭も不倫相手も人間関係までもリセットされます。

 

同じ職場内での不倫関係は多いものの、現実その二人が何らかの形で良化したり、ハッピーエンドを迎えたというケースは皆無に近いと言えます。そこには、色んな心理も働いていて単に男と女という形で、惹かれ合った二人ではなく、社内での地位や権限が片方の人にあっての不倫恋愛であることも多いからです。つまり、当初その人と交際することによる、自分へのメリットも計算された上で始まった不倫関係も多いという意味です。ですので、燃え上がるような恋に陥っているようでも、打算が見え隠れするので萎えてしまいます。

 

不倫掲示板

 

後ほど詳しくご説明させてもらいますけど、安心して利用できるサイト内の掲示板であれば全く問題ありませんが、そうでない掲示板の利用は差し控えたほうが無難であると言っておきます。よく、インターネット上でも不倫掲示板のサイトランキングなどで、不倫掲示板の不倫サイトとURLを紹介しているページも多く存在します。ですが登録後、殆どがサクラや業者が素人を装った女性と思わしきメールが、個々で何通も登録者に送られてきます。そして、不倫掲示板のサイト内で、メールのやり取りをさせる展開を繰り広げてきます。

 

その課金を単純計算しますと、大体1回のメール送信につき300円〜500円の課金になります。それが、登録して間もなく個々の女性と思えるメールが、10件ほど届いたら嬉しいやら早く返信しないといけないと焦るやらで、受信したメールに対して殆ど返信してしまうものです。もし、そのままの10人という数に対して送信すれば、その時点で3000円〜5000円の課金か支払いが確定します。こんなことを、マトモに信用して継続していたらお金と時間が勿体無くて仕方ありません。その不倫掲示板につきまして更に次の項目でご説明します。

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫掲示板の注意点

 

前述しました通り不倫掲示板につきましては比較的、誰でも気軽に利用し易いシステムになっていることが多いと思われますので、こういったサイトのコミュニティを初めて使うという人の登録者も多数いらっしゃることでしょう。ですが、そういった方には特に注意してもらいたいことが、不倫掲示板には幾つもありますので取り上げたいと思います。まず、自分自身を明らかにせず匿名という形で、不倫掲示板に投稿してコミュニケーションを図れるという利点は確かにあります。ですが、それは出会い系サイトでもSNSでも同じことです。

 

ただ不倫掲示板の場合は、匿名だからこそ誹謗中傷行為をされやすく、時にはピックアップして広める晒しなどと呼ばれる、笑いものの標的にされてしまうケースも実際に在ります。つい無意識化で個人情報に繋がることを公にしてしまった際、特定行為というものをする人も派生してきます。あと、不倫掲示板には言葉遣いを気にして書き込まないと、それはそれで再び誹謗中傷の対象になったりもします。サイトのコミュニティを利用して、不倫パートナーと出会いたいだけなのに、それに辿り着くまで下記の項目を含む色んな障害があります。

 

有料と無料がある

 

不倫掲示板には出会い系サイトなどと同様に、有料のものと無料のものがあります。まず無料の不倫掲示板の場合は、文字通り全てのサービスにおいて料金が掛かりませんので、お金は必要ありません。ですが、無料となりますと、非常に多数の男性会員が登録しておりますので、必然的にライバルも多くなります。それから、無料掲示板は広告収入によってサイトの運営費を賄っているので、広告メールが届くことは致し方ないと諦めるしかありません。一方で、有料掲示板の場合は無料掲示板の方と比較すると、俄然ライバルが少ないのが特徴です。

 

有料の不倫掲示板の場合は料金が運営サイトによって異なり、料金システムも定額制とポイント制の2通りであると言えます。定額制の場合は、どの不倫掲示板サイトでも大体、月額3000円前後が相場となっているようです。ポイント制の不倫掲示板の場合、気をつけるべき点は、サクラの被害に遭いやすいことです。サクラだと気が付かず、メールのやり取りをしていて、その回数が重なれば高額な課金を請求されることもありますので、十分に注意するべきです。それから、支払いですがクレジットカードは個人情報の宝庫ですから避けるべきです。

 

偽掲示板に御用心

 

基本的に不倫掲示板というものは、2チャンネル方式で思ったことを書き合って意見交換したり、ウェブサイトの管理者と閲覧者との交流を深めたりすることが、利用目的だったりします。しかし、この手の類は昔から必ず現れますが、偽の不倫掲示板も増え出してきてます。でも一応、利用しようと思う不倫掲示板のサイトが、本物か偽物かを判断する方法が幾つかあります。また今後、進化するかも知れませんが、現段階で判断できる方法を記していきます。まず、不倫掲示板のサイトを開いて書き込み一覧を見ると各々に表示されています。

 

ですが、その書き込みに対して返事をしようとしても、投稿する用の入力フォームが無い場合があります。それは間違いなく偽の不倫掲示板です。あとは、投稿一覧を見て女性しか表示されていない場合も、偽の不倫掲示板だと言えます。普通なら、書き込み順に男と女が入り混じって表示していないと不自然です。恐らくサイト側が、男性向けに故意で作成したレイアウトです。そして、投稿している女性が顔出しで、美人揃いだとしたら偽の不倫掲示板と見るべきです。よく考えれば、エロい不倫掲示板に美女が顔出しで投稿するはず無いのです。

 

悪質サイトに誘導

 

まず、不倫掲示板のサイト内で投稿できれば、その不倫掲示板の上で何ら問題ありませんが、わざわざ無料でメッセージが送信できます!という送信画面が別枠で表示されることがあります。それは明らかに変だと思って下さい。掲示板での投稿なのに無料でメッセージとは何なのでしょう?何故わざわざ無料なんてワードを表示するのでしょうか。もう既に御存知の方か、御察しして頂いた方もいらっしゃると思いますが、これは悪質なサイトへ誘導するための宣伝広告です。この時点で、ポイント制のサイトへ誘導されることは確実でしょう。

 

さて、法律的なことから申しますと、出会い系サイト規制法というのがありまして、管轄の警察署へ届け出が必須でサイト業者は審査を受けます。そこで、登録前に不倫掲示板を閲覧できるサイトは不許可だと告げられます。要は、未成年者を守るための法律なので、登録前に不倫掲示板が閲覧できるとなれば意味がなくなるからでしょう。ですので、不倫掲示板に限らず掲示板からの登録というのは、悪質サイトであると言えます。あと、書き込みをクリックしたら、違うサイトのトップページが表示されるパターンも悪質と見ていいでしょう。

 

検索で人気上位でも慎重に

 

不倫サイトに関わらず出会いを求める目的で、サイトそのものを利用した経験が殆ど無い方の中に「よく出会える不倫サイト」など、検索で人気上位のサイトなら安心だと思い込んで、利用されるケースがあると考えられます。例えば、不倫サイトでも5件〜6件のサイト名が表示されます。その中には何故か、横文字の英語で明記されているサイト名も見受けられるでしょう。ですが、もし利用するのであれば、慎重に取り扱わないとなりません。不倫サイトで検索すれば、ほぼ必ず広告が出て来る海外メインのサイトも注意が必要です。

 

そのサイトについては、知名度と比例して最悪な情報もありますので、次の項目で詳しく記します。他にも海外っぽい名称のサイトがありますが、そのサイトも論外といった感じで日本人の会員が全くおりません。表示された女性の数も約30人ぐらいでしたし、写真も殆どの人が載せておりませんでしたので、興味すら湧きませんでした。おまけに、退会手続きをする部分も見当たらないので最低です。総合的に言えますことは、不倫掲示板や不倫サイトで人気上位の検索をして表示されるサイトは、ハッキリ言って全くオススメできません。

 

アシュレイマディソンの過ち

 

先ほどの項目で少し触れましたけど、不倫関連のサイトを検索すれば必ず目にするサイトこそが、アシュレイマディソンという世界中で利用可能な出会い系サイトです。不倫パートナーを探すなら、ここが良いと推奨している個人サイト等も多々ありましたので、期待していましたが期待外れを通り越しました。正直言って長年に渡り、各出会い系サイトを数多く利用していますが、これほど使いにくいサイトは他にないほど酷いですし、何より調べますと最低最悪のサイトであることが判明しました。詳細を簡素に言いますと次の通りです。

 

このサイトは、世界48ヵ国の合計約3800万人が登録している超大型の出会い系サイトです。日本人の登録者だけでも180万人の会員が居るそうです。当サイトは数年前、ハッカー集団に大量の個人情報をハッキングされて、その内の約1万5千人は軍や政府関係者のアドレス等だったらしいです。その個人情報流出によって自殺者も出ていて、サイトを閉鎖しないと個人情報を流し続けるとハッカー集団は言ってるそうですが、サイトは存続中です。しかも、その個人情報の流出は内部の人が、犯行に絡んでいる疑いがあるというから最悪です。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫パートナー募集に最適なサイト

 

筆者の経験論や、筆者の知人で同類の猛者たちの意見や体験なども吟味した上で、不倫パートナー募集に最も適しているサイトがハッキリ判明しました。結果的に、チョイスした出会い系サイトの内、5つのサイトが他のサイトを遥かに上回る、信憑性の高さと出会った実績などが明らかになった次第です。その出会い系サイトとは、この次の下記項目にて詳細を記しますが、サイト名で言いますとPCMAX、Jメール、ハッピーメール、ワクワクメール、YYCの計5つです。この5つの出会い系サイトは、ただ単に出会える可能性が高いだけではありません。

 

その5つの出会い系サイトに関しましては、非常にセキュリティが厳重で会員に登録する際も、まず最初に本人確認や身分証明の確認が取れないと登録できません。男女の出会いの場で、警戒することが懸念される個人情報の漏洩も無く、サクラを使った悪徳業者や闇風俗業者に対する取り締まりも徹底して実施しているため、安心して利用できるのです。そして何より最近、不倫パートナーをゲットしている方が増え続けている情報も、身近な人間から確認が取れています。その各々5つの出会い系サイトの詳細を、下記の通りご紹介させて頂きます。

 

PCMAX

 

今回その5つの出会い系サイトの中から、後ほどピックアップしてメインで取り上げて推し進めていくサイトが、このPCMAXです。まず、登録すれば分かりますがログインするだけで、毎日ポイントが貯まります。それから、宣伝と広告に最も力を注いでいる出会い系サイトでもあります。この出会い系サイトは、男女が出会うためのコンテンツが充実していて、細かくカテゴライズされている掲示板検索を始め非常に幅広く、色んなニーズに応えてくれる人気のサイトです。

 

このサイトで筆者自身も実際、数々の女性と関係を持ち素晴らしい経験をしています。だからこそ、こうして執筆しているのですが、本当に恋人からセフレ、不倫パートナーや単純に浮気したいだけの熟女まで探せて楽しめる場所です。女性の年齢層や職業は出会い系サイトの中でも、最も幅広く現役の大学生から不倫目的の人妻まで多数の登録者がいます。ですので、女性からのメールの返信率も高く、目的別で相手を検索できるので不倫相手を探すのにも適しています。

 

Jメール

 

このJメールという出会い系サイトは、メディアへの宣伝に力を注ぎ続けていて、専用のYouTubeチャンネルも設けていますし、各雑誌への広告掲載も盛んにおこなわれています。九州は福岡発の出会い系サイトという印象が強くありましたけど、首都圏を中心に会員数を伸ばし続けていて、女性の利用者も比例して増え続けているようです。この出会い系サイトの特徴は、都道府県だけで出会う相手を探すのではなく、市町村区まで細かく絞って相手を探せるという部分でしょう。

 

基本的に女性会員は、フリーターや主婦、看護婦や介護士という職業層が多い印象が強いです。あとPCMAXと同様に、女性からメールの返信率が高い部分も長所です。この出会い系サイトの醍醐味は、やはり家の近くに住んでいる人をピンポイントで探せて出会える点です。女性の掲示板を閲覧して、メールを送信した相手から返信が来るのを待つスタンスのサイトです。

 

ハッピーメール

 

数百万人の会員数と十数年の運営実績を誇る、業界屈指の大型出会い系サイトとして名高い、ハッピーメールです。少し前に現職の某県知事が利用していたという件で、名が知れたことは記憶に新しいところです。女性向けの雑誌などに、積極的な広告活動もおこなっていて、大手の婚活パーティー運営グループと手を組んだり、サイトの運営に力を注ぎ続けています。

 

その婚活パーティー大手のエクシオと協力関係にあるため、ハッピーメールのポイントを利用して、婚活パーティーに参加できるのは大きな利点と言えます。ハッピーメールのサイト内については、まずプロフィールの閲覧が無料で、Jメールと同様に市町村区で相手を絞って検索できる部分が利点です。女性の平均年齢層は、20代後半〜40代前半が中心という印象です。

 

ワクワクメール

 

この出会い系サイトも、上記のサイトに劣らない運営年数と会員数を誇りますが、使いやすさという面では少し至らない感じはします。しかし、この出会い系サイトはプロフィールを無料で閲覧できる点と、市町村区で相手を探せるという2大メリットがあります。でも一応、掲示板を読む際はポイントが必要となりますので、プロフィール検索で相手を見付けましょう。

 

あと、この出会い系サイトの珍しい特徴として、3ヵ月で10万円以上の課金をすれば、最高ランクのプラチナ会員になれるというシステムがあります。このプラチナに一度なれば、ランクが下がらないとのことでして、各機能が大幅にパワーアップします。普通のユーザーと比較すれば、有利に展開が運べる部分もメリットです。ただ、相手の職業選択は検索できません。

 

YYC

 

本当に出会い系サイトなのか?と思うほど、サイト内の画面やレイアウトが整っていて綺麗な印象が強いサイトです。やはり、さすがミクシィグループが運営しているだけのことはあります。しかも、登録会員数が国内で1000万人を突破しており、サクラらしき存在も見当たらないので、安心してサイトの利用ができます。ですが、アダルト掲示板の機能はありません。

 

何故なら、表向きアダルトな要素を排除しているからでしょう。それから、グーグルの審査が厳しいので、元来WEB版に比べてアプリ版は、出会い系サイトとしての機能が殆ど使えないものです。しかし、YYCはアダルトの要素を予め取り入れていないため、WEB版とアプリ版に違いがありません。あと有料ですが、プレミアムオプションという機能で相手探しが効率化します。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

サイトで不倫パートナーを見つけるには

 

これより当記事の要となりますが、やはり不倫パートナー選びに失敗してしまえば、良い思いも結果も得れないでしょう。不倫パートナーが存在することの意義や、パートナーと出会う場所、それから注意点について書き込みましたが、やはり基本的にはリスクのある関係なのでパートナーは厳選することが必須です。それと同じくして、不倫のパートナーを募集したり探したりするのに適しているサイトは実際、存在しますので厳選は非常に大事だと言えます。そのサイト選びを失敗しますと、お金も時間も労力も全て無駄になってしまいます。

 

まず、初めて出会い系サイトをご利用される方で、不倫パートナーを希望するのであれば、成功率の確率を考慮して人妻をターゲットにすることをオススメします。何故なら、出会い系サイトを利用している人妻は不倫を希望している方が多いからです。しかも、既婚者同士であれば願ってもないですし、その後の展開もスムーズであることは確かです。当初は、自分に近い生活状況や同じような環境の人のほうが安心だからでしょう。今回は、不倫パートナーを見つけるにあたり、厳選された5つのサイトの内からPCMAXをピックアップ致します。

 

PCMAXで不倫パートナーを見つける流れ

 

現在の世の中には、多くの出会い系サイトが存在しているため、どのサイトにすれば良いか迷うことがあると思います。特に今回は、不倫パートナーを見つけるという目的がありますので、素人考えで不倫という文字がサイト名に含まれている出会い系サイトを利用し始めてしまいがちです。しかし当然、サイト名よりも事実上の出会い確率や感触が無ければ意味がありません。従いまして、筆者自身の経験から考察しても、このPCMAXという出会い系サイトは不倫相手を探す場合でも、最も適していると判断したので今回ご推奨するのです。

 

まず、PCMAXに登録して不倫パートナーを見つける流れとしましては、女性の掲示板やプロフィールが充実していますので、相手が何の目的で出会いを求めているのか分かり易いと言えます。相手も不倫パートナーを探している人がいい場合でも、女性側の書き込みや自己紹介欄の内容を読めば分かります。あと、それらをキチンと記入している人が好ましいです。あとは、希望する相手の年齢層や外見なども踏まえて、不倫に相応しそうな人かどうかを見極めて、メッセージを送ることから始めて下さい。それでは、その詳細を見ていきましょう。

 

プロフィールに力を注ぐ

 

特に不倫パートナーを見つけるのが目的であれば、このプロフィールの作成内容によって、今後の女性からの返信率や対応が変わってきます。まず始めに、プロフィール写真の設定ですが顔は何となく分かる程度で構いませんが、好い印象を持ってもらえそうな姿や服装にはこだわるべきです。そして、何より決め手になるのは入力する際に書き込む内容です。先ほど少し触れましたが、まず今の状況と何を求めているかをまとめます。

 

それから全体を通して、文章は丁寧に敬語で書き込むことが必須です。職業については、現実の立場よりも少し上の役職などであることをサラッと書き込みます。とりあえず一度、まずは食事からでもどうでしょうか?などといった感じで、もし会って嫌ならそれっきりでも構いませんので…という余裕が伺える文も足しましょう。とにかく終始、丁寧な紳士を匂わせつつ、良き相談相手を探していることを切実に記すことが大事です。

 

一般掲示板を利用する

 

これは、自分から募集する形の不倫掲示板として投稿する方法です。もちろん、不倫掲示板という言葉は使用しません。不倫掲示版という感覚で書き込むという自身の意識内での呼び方です。まず、カテゴリーがピュアとアダルトの2つあります。ここで、アダルトのカテゴリーに進む人が多いと思われます。不倫掲示板という意識なら確かにアダルトだと思うでしょう。ですが、ここでは異なりましてピュアのカテゴリーで投稿します。

 

その理由は、アダルトのカテゴリー内には、やはり多かれ少なかれ援デリ業者やサポ希望者が多々います。こちらは、存続性のある不倫パートナーを探しに来たのですから、そんな者共に邪魔をされている場合ではありません。ですので、援デリ業者等が少ないピュアのカテゴリーで不倫掲示板を投稿するのです。その内容は、実際の心中や現状況を含めた内容と、自身が求めている相手のことを上手くまとめた文で投稿してみましょう。

 

投稿を閲覧する際の注意点

 

ここでの行動も先述した、ピュアのカテゴリー内の掲示板となります。前回の項目では、自分が不倫掲示板という意識で書き込んで投稿するという内容でした。今回は逆に、女性の書き込み投稿を閲覧して気になる投稿が見付かれば、こちらからアプローチをするという流れです。この時に、必ず確認しないとならない部分があります。それは、よく相手のプロフィールを見ることです。これを怠ると、貴重な時間が無駄になります。

 

例えば、相手の閲覧回数やメッセージの受付数をチェックします。どう考えても、投稿している回数が多い場合は、援デリ業者がピュア部門に侵入して使用している可能性が高いのでスルーしたほうが賢明です。あと、多くの人からメールが届いている場合もスルーするほうが無難です。多数のメールが届いている時点で、ライバルが多いと想定できますし、既に相手が決まっていて、他のメールはスルーしている状態かも知れません。

 

検索機能を用いて策を練る

 

さて、これまでPCMAXという出会い系サイトを利用して、不倫パートナーと出会うまでの導きのような綴りで、記してきました。様々な人が存在していて、その数の分だけ性質や個性があります。ですので、毎回毎回やり方も相手によって変化します。1人1人違いますので、具体的に異性とサイトで出会う方法など書き込んでも、正解はありません。ですが検索機能を用いて、標的の要所を考察して策を練れば良い結果を承れます。

 

まず、PCMAXには標的の相手を絞る時に検索機能という便利なものがあります。例えば、返信0検索やLIKE検索は使いやすく効果も見込めます。今回は不倫相手が標的ですので、同じ立場の既婚女性つまり人妻になります。ということは、夜よりも平日の昼間が狙い目なので、その時間帯に投稿してみます。同時進行で標的の人妻を投稿欄で探して閲覧回数を確認後、メッセージを送るなど攻めの姿勢を続けると吉報があるでしょう。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫パートナーをセックスに持ち込む流れ

 

出会い系サイトのPCMAXで、不倫パートナーの候補とやりとりをして、LINE等の連絡先を交換したとします。そして、直接LINEやメールで連絡を取り合って出会う訳ですが、この時に注意するべき点は金銭的なことを提示してきたり、何時〜何時迄といった感じで会える時間枠を伝えてきた場合は、スパッと連絡を止めましょう。もしかすると、そういった手口の闇業者かも知れませんし、そうでなくても目的が違うので次を探します。

 

さて、ここでは不倫パートナー候補と合流してから、肉体関係を持つまでのプロセスについて書き込みます。パートナー候補から正式な不倫パートナーになることを目的として、出会い系で知り合って会う流れになった訳なのですから、それなりのデリカシーとモラルを弁えて、大人の対応を意識しておくのは当然です。それでは直接、相手と連絡を取り合い実際に会って、ホテルでベットインするまでの運びをご説明していきます。

 

メールやLINEで交流

 

出会い系サイトPCMAXで知り合い、その不倫パートナー候補の相手とサイトの枠を離れて、直接連絡を取り合うことになるでしょう。もちろん、初めて会う日時と場所を決めることがメインですが、それさえ決まれば後はその日を待つのみ…ではいけません。出会い系で知り合った女性だからといって、適当な扱いをすると後ほど進行を妨げることに繋がります。少なからず女性は、初めて会う相手の男に対して警戒心を持っています。

 

重要なポイントは、直接連絡を取り合うようになってから、実際に対面するまでの期間に十分なコミュニケーションを、どれだけキチンと捗れるかという部分です。頻繁に連絡をするのは逆効果ですが、適度なペースで連絡を取りあって、お互いのことを知ることで趣味など共通する点が出てきたりするものです。そうすることによって、会うまでの期間に女性の警戒レベルを下げることが出来ます。今後の展開を楽にするためです。

 

最初はお茶か食事から

 

そして、ようやく待望の会う日時と場所が決まったとします。もう事実上は、この時点で確かに合流後すぐにホテルに行っても大丈夫だとは思いますが、ここは最低でもワンクッション置きましょう。何故なら、その相手が不倫パートナーになった後に、初めて会った時いきなりホテルに直行したという事実が残り続きます。つまり女性側からすると、その行動は軽率で汚点にもなり兼ねないため、まずは一旦お店に入りましょう。

 

その際のお店は、待ち合わせる前日までに予め食事か喫茶かを二人で決めておいたほうがいいです。そして、いずれの場合でも初回ですし、男性側が行く店の情報を事前に押さえておくべきです。何でもそうですが、やはり人間は最初と最後の印象が肝心ですので、キチンと礼儀正しく挨拶をして改めて自己紹介をして下さい。それからのことは、フィーリングや展開にもよりますので、後は二人の感覚によりけりということです。

 

お酒を飲みに行く

 

結婚後あるいは出産後でも、女性が社会で活躍し続けていることが珍しくない昨今です。というより、仕事をされている女性のほうが、50歳代ぐらいまでなら今は多いと言えます。一昔前の旦那が居てるイコール主婦という図式のほうが少ないと思います。ですので、初めて会う時も仕事が終わってからというケースもあります。その時も先程と同様、行く店は男性側が先導しますが、必然的に食事とお酒を頂ける場所になるでしょう。

 

そうなりますと、ほぼベットインはリーチの状況とも言えますが焦りは禁物です。寧ろ最初ですから、敢えて焦らして余韻を残す作戦もありきです。その方が実際に結ばれる際の悦楽は格別です。それに、紳士的で信用も得易いですが一つだけ大事なことがあります。それは、その場で次回に会う日時を約束することです。その理由は、お酒が入っても濡れ場に行かないのは、私じゃ駄目だったのかなと女性に思わせないためです。

 

ホテルでベットイン

 

初顔合わせも無事に終えて、不倫パートナーとして認知出来そうな相手であれば、次に会う時が体を重ね合うタイミングだと言えます。これまでのプロセスの全てが、この時のためであるというのが真実であり、その後においても最も重要な意味を持つ行為です。女性の半数ぐらいは、心の埋め合わせが不倫の本懐でしょうけど、男性においては九分九厘セックスが本懐です。ですが、セフレ以上の恋人未満といった関係の相手です。

 

しかし正直なところ、女性も実際はセックスありきで心の埋め合わせという関係を、求めているというのが本音でしょう。結論から申し上げますと、不倫パートナーとの仲で一番大事なコミュニケーションは、セックスであるということです。ですから、食後にホテルに向かい初体感を味わう訳ですから、相手にどう思われるとか考えず全力で、自分が楽しく気持ち良くなることだけを考えて、相手を抱くことが結果的に吉なのです。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫パートナーと交際時の心得

 

やはり、世論としましては不倫は立派な不貞行為、もっと言いますと裏切り行為というレッテルが貼られてしまいます。それでも人間には様々な心模様があり、自分は確かに生きているのだという実感が失われそうな時、本能で異性を求めてしまうものです。自分の家庭で自身の居場所がないと感じる男女が、出会い系サイトをキッカケに知り合って、恋に陥るのは決して珍しいことではありません。

 

しかしながら、冒頭で述べた通り世論では不貞行為者ですので、お付き合いを継続するにあたって交際時の心得は必要となります。出会い系サイトで知り合ったメリットとして、共通の知り合いが居ない部分や、これまでの接点がない人と恋仲になれる利点は確かにあります。ですが、普通のカップルでないことは当人同士も理解の範疇だと思いますけど、予め下記の事柄を心得ておくべきでしょう。

 

配偶者と比較しない

 

リスクを覚悟してまで、不倫パートナーと交際する訳ですから自分の妻や夫のことは、できるだけ頭から切り離すべきですが、たまに配偶者と不倫相手を比較する方が居ます。いつも顔を合わせることができる配偶者より、時々しか会わない不倫相手のほうが魅力的に見えるのは当然だと言えます。

 

不倫パートナーと比較することによって、配偶者に対しての不満が更に高まることでしょうし、極端な場合は不倫パートナーと一緒に居る所こそ、自分の居場所だと思い込んでしまい兼ねません。比べてしまうことが慢性化すると、不倫パートナーに求めるものが増え続けて、お互い辛くなります。

 

不倫相手に尽くさない

 

不倫パートナーとして、お互いに尽くすことは避けねければなりません。それから既婚者の相手に対して、プレゼントを渡すことも、相手を困らせるので差し控えるべきです。自分の居場所が無いという寂しさから、せっかく不倫パートナーを出会い系で見付けても、心苦しい思いをするでしょう。

 

ですので、不倫の代償と言いましょうか、相手に尽くす行為そのものを制限しないとなりません。何故なら、その尽くす行動が結果的に、相手を重くする事柄のほうが多いのです。もし、相手が打算的で計算高いタイプだったりしたら、尽くす一面のある相手から金品を貰う目的で利用したりします。

 

本気で恋しない

 

まず考え方の鉄則としまして、不倫パートナーという存在は恋人ではありません。ですが、セフレや浮気したいだけの相手でもないでしょう。正直に申し上げますと、男性は肉体を求め合うことがメインの関係こそ不倫の醍醐味と思っている人が多いです。でも女性は、精神的な部分を求めています。

 

結局この基本的な価値観の相違が原因となって、不倫パートナーの解消になることが多いように感じます。やはり、不倫相手であることを分かって付き合っているので、お忍び的な交際の感覚は免れません。ですので、特に女性は決して本気で恋に陥らないよう、心掛けておかないと二重苦になります。

 

愛の告知を避ける

 

縁があって出会い系サイトで知り合った、不倫パートナーと良い関係を終わりにするつもりが無いのであれば、不倫相手に愛を告げるのは避けたほうがいいでしょう。お互いに配偶者と離婚する気が無いのなら、本気で好きだとか愛してるという言葉は律するべきです。不倫関係では御法度なのです。

 

もし、肉体関係を結んでいる最中に男性が盛り上がって、そのような言葉を女性に言い放っても、受け流すぐらいの心積もりでいなければ、不倫パートナーとの継続した付き合いは難しいです。自分の家庭内には無い、心と体のオアシスとして必要なだけの相手であることを、忘れてはならないのです。

 

定番サイト登録無料
不倫サイトBEST5
不倫パートナーを募集するなら迷わずココ!

不倫がバレない為に注意すべき事

 

一応は、結婚生活を存続したままで別の異性と付き合うことから、不倫パートナーという呼称をしております。昔より女の勘は鋭いという話をよく聞きましたが、個人的な所見で申しますと男の直感も侮れません。旧日本は男尊女卑の国でした。当時の男性たちは、遊郭や飲み屋などに出入りするものの、一般女性は貞操観念ありき時代の真っ只中だった訳です。つまり、浮気するのは男性のみだったという訳です。

 

ですが昨今では、男性のすることは女性もするような時代です。行動だけでは無く、職業も性的なことも含めて殆ど全てにです。ですので今は、勘が働くのは女だけでは無く男も同様に勘が良いものと考えられます。現代では、男女共に不倫をするのであれば、配偶者にバレないように細心の注意を払って生活する必要があります。その細心の注意を払う部分について、下記の項目を参考にして頂ければと思います。

 

不倫を誰にも話さない

 

時に自分の居場所が無いはずの家庭内で、何だか心が温まるような出来事があったとしましょう。そんな時ふと、不倫パートナーと会って楽しい時間を過ごしている自分に対して、心苦しくなることもあるでしょう。そうなれば、誰かに現状を話してスッキリしたい、という気持ちに駆られることでしょう。

 

しかし、不倫パートナーとのことは当人同士だけの秘密交際として、貫き通さないとなりません。幾つか理由はありますが、例えば相談した人が誰にも絶対に言わないという確証はありません。信用している相手でも、あなたが不倫で悩んでいることを知れば、心の中では軽蔑する感覚も芽生えるからです。

 

記録や履歴を残さない

 

これは、お忍びの付き合いならではのルールといった感じはしますが、でも致し方ない行動と思います。実際、メールやLINEあるいは着信履歴を見られたことが発端で、不倫がバレてしまうということが非常に多いです。ですので、心中は察しますが送受信の履歴や発着信の履歴は、その度に削除してしまいましょう。

 

あと、出来るだけ連絡は少なめにして、可能であれば連絡を取り合う時間帯を前もって決めておいたほうが無難です。例えば、お互い家に居る時間や家族と居る時間を伝え合い、外出時に連絡を取るルールを約束しておきましょう。それから、いつ家族にスマホや携帯を見られてもいいように、ロックしておきましょう。

 

生活パターンを変えない

 

ある程度の演技力は要求されると思われますが、自宅内で夫や妻と一緒に居ても、普段通りの生活を心掛けることが大事です。変にお洒落をしたり、今まで頻繁に触れなかったスマホや携帯を、結構な割合いで触れるようになったという行動は意識して控えるべきです。それから、今まで以上のことをするのも危険です。

 

例えば、これまでと比較して熱心に料理を作ったり、家事全般においても殆ど手抜きなく完璧にしたりすると疑われやすくなります。罪悪感から、いつも以上に力を入れる気持ちは理解出来ますが、いつもと異なる行動パターンは誰でも怪しいと思います。配偶者に不倫の可能性を疑い出すのは何気ない変化からです。

 

断ち切る覚悟を持つ

 

不倫パートナーと、どちらかの命が尽きるまで添い遂げるのであれば話は別ですが、いずれにせよ二人の間には別離がやってきます。一つは、恋の炎が消沈気味になってきて双方お互いに、ほとぼりが冷めることが要因です。あと、配偶者や子供に対して申し訳なさを感じたり、とても大切に思えてきたりして別れます。

 

大体その内のいずれかで、不倫関係は解消されますけど最悪なケースが、いずれかの家族にバレて修羅場になった挙句に別れることです。そうなってしまえば、不倫パートナーだけでなく自身の家庭も崩壊して、職を失うこともあります。そのことを想定して、不倫パートナーとは常に断ち切れる覚悟を備え持つべきです。

 

まとめ

 

今回は、不倫パートナーと出会うためには最もオススメ出来る出会い系サイトを、実践実学に基づいて記述させてもらいました。自分の家庭内における居場所や安堵感の欠如、または配偶者との冷え切った関係、あるいは生きているという実感を取り戻すなど、理由は様々でしょうけど不倫の関係は根絶しないと思います。

 

実際には、もっと昔より言い方が違うだけで、現代で言うところの不倫関係というものは存在していたと考えられます。少し前の日本では、婚姻関係にない異性との関係が発覚すれば、男女諸共に処刑という法律の時代もあったようです。それでも、人が自身の存在意義を求める以上、不倫関係が留まることはないのです。

トップへ戻る