MENU

不倫掲示板を使うときは利用規約にかならず目を通すことが大事ですが、このとき提携サイトという言葉をよく見かけると思います。

 

提携サイトとは、同時登録されるサイトのことです。たとえば国内の不倫掲示板は基本的に無料で使えるのですが、広告収入があるといっても、このような種類のサイトにスポンサーがつくことはありませんから、この無料サイトのほかに儲けられるネタが隠れているはずなのです。そのネタを持っているのが提携サイトです。じゃあそのネタは何かというと、高額請求に持ち込む仕組みです。スポンサーサイトの広告収入などではないということです。

 

はじめに無料の不倫サイトで利用者のアドレスなどを取得し、高額な提携サイトで抜けるだけ抜くというのが彼らの仕組みです。以前に比べると体裁は立派になりましたから、初心者は詐欺サイトとは全くわからいかもしれません。でも経験を積んでいくと抜けない胡散臭さが鼻についてきます。当然利用規約も、チェックしたくなってきます。そして「ほらやっぱり…」とつぶやくわけです。ですから、出会い系サイトを知っている方なら間違っても使わないはずです。不倫掲示板は徹底して初心者を狙っています。だから女性も標的に据えたのでしょう。

 

またいくらだますだけのサイトとはいっても、利用規約には提携サイトのURLも載っています。ですので、事前にどんなサイトかも分かるし、提携サイトが有料だということも分かります。それに利用規約の「免責」には「本サービスに登録した会員は、弊社提携有料サイトからのメールを承諾するものとします」などと書いていますから、登録した時点で、無条件でメールの嵐を受けることになるのは予想できるはずです。つまりだますほうも、「これからだましますよ」とこのぐらいわかりやすくメッセージを投げているわけです。

 

もう一度言います。利用規約はかならず読むようにしてください。