MENU

不倫掲示板やその提携サイトは法律的な括りとして、出会い系サイトの仲間です。

 

出会い系サイトとは、知らないもの同士が、その異性交際に関する情報をインターネット上の電子掲示板に掲載するサービスを言います。また当該電子掲示板に掲載された情報を掲載・閲覧した異性交際希望者どうしが、メールなどで連絡できるサービスであること、これらのサービスを反復継続して提供しているサイトのことを言います。つまり不掲示板、提携サイトも出会い系サイトだと言えるわけです。

 

出会い系サイトはいくつか法の縛りがあります。そのなかのひとつが、異性紹介事業者であることを公安に届け出るというものです。これは出会い系サイト規制法が改正されてから出てきたものので、一般の優良サイト以外はなかなか徹底されませんでした。不倫掲示板やその提携サイトも同じです。ですから詐欺サイトと見分けられることに、この事業者の届出が済んでいることも含まれていたこともありました。

 

それが最近では、業者登録が進んで、これらのサイトも番号が出るようになりました。いまでは業者登録が済んでいないところはないと言っても良いぐらいです。年齢確認の方法も徹底されカタチだけでも優良サイト並みに変わりました。この二点は大きく変わったところであり、少しでもより良く見せようという姿勢を感じたものです。もしかしら、これで変わって行くつもりではないかと思ったほどです。

 

でも番号を見ると、使い回しいていることが判明しました。運営元はひとつでも抱えているサイトはひとつではありません。たとえばワクワクメールを持っているのはワクワクコミュニケーションズという会社です。これが詐欺グループの場合は多くの提携サイトも持たなければなりませんから、運営サイトは最低でも二つ以上あるわけです。その場合は登録番号を掛け持ちさせているわけです。

 

もちろん事業者登録の番号の掛け持ちは違反です。ただこれも放置されているのが現状です。こんなことが何時まで続くのかと思います。