MENU

先ほども言いましたが、不倫掲示板にかぎらず、詐欺サイトの対象が女性も取り込み始めました。元来、出会い系の詐欺は男性がターゲットにされてきました。女性はだまされにくいというのもあったのでしょう。そういうわけで、女性も会員募集はしていたのですが、長らくサイト側で無視していたのです。

 

でも今は違います。男女同時に同じ金額を課金するところが増えています。一般の出会い系サイトなどでは、男性は有料でも女性は無料で利用できるのです。それが当たり前だったのです。でもその通念に馴染んでいない人が、不倫掲示板などの一連の詐欺サイトを利用するようになり、どちらにも同じく課金するようになったのでしょう。結果はどうだったかというと、男女とも同じ料金を課金しても問題にはならなかった。逆に女性の被害者が増えてしまったのです。

 

詐欺被害者が状況を書き込めるサイトがあるのですが、女性の被害が件数的にも多くなっています。女性のほうが感情的なのか、先ほど「支援系の話」などは女性のほうが効くようです。また女性は裕福な男性や社会的地位の高い男性には弱いので、その辺を上手にちらつかせれば思いのほか簡単にだませるようです。

 

女性に申し上げたいのは、出会い系サービスにおいて女性にも同額課金するところは基本的にないということです。また詐欺サイトを使わないためにも、利用規約は読むようにしてください。そうすれば完璧ではないですが、詐欺サイトを使わずに済むはずです。

 

それにしても女性が詐欺のターゲットに据えられたのは悲しい話です。これにはスマホでネットにアクセスする女性が増えたことも大きな要因です。以前なら男性しかみないようなサイトも見る機会が増えたのだと思います。